FC2ブログ

文鳥と神戸生活

tunn1

Archive2006年08月 1/1

  • 2006年08月27日 9

    今日は文鳥好きのKちゃんが遊びに来てくれた。もう何回も来てくれているので 鳥達も慣れた感じ。ぴーは初めのうちは普通だったんだけど、それでもまだ緊張しているのかきゅうが一緒なのが嫌なのかだんだん 怒りっぽくなってきて自分の脚まで噛む始末。私も指先を思いっきり噛まれた。噛まれた時 普通息を吹きかけると噛むのをやめるんだけど 今日はなかなかやめず 3回目でやっと指を離してくれた。もう何時間も経つのに指には...

  • 2006年08月27日 6

    美しき獣たち今 市子 (2006/08/25)朝日ソノラマこの商品の詳細を見る今市子さんの「文鳥様と私」ずっとコミックスを買い、時々はハムスペで立ち読みしていたけど、今日 本屋に行くと新刊が。タイトルが変わって「美しき獣たち」となっていた。買おうか買うまいかずいぶん迷ったんだけど 結局買ってしまった。内容的には以前のとかなりだぶっていたのだけどね。でも 実際の文鳥様たちの写真があったので まぁいいか。...

  • 2006年08月26日 0

    この秋 大ブレイクしそうなツバメ風尻尾。あなたもいかが?くしゅくしゅ感が魅力でしょ?↓愛のクリックを~人気blogランキングへ...

  • 2006年08月26日 0

    今日は再度山の奥の方にある「神戸外国人墓地」に行ってきた。普段は展望台しか公開していないのだけど、今年は40年ぶりに抽選で当選した人だけに公開している。広さは甲子園球場の3倍で埋葬されている方の宗教は20程。人数は2600人強だとか。墓地の中は広くて緑がいっぱい。山の上のほうにあるのでせみの声しか聞こえない。宗教やその人によって 墓石の形もさまざまでおもしろい。十字架に横棒を一本足したような形のロシア正教...

  • 2006年08月23日 10

    ぴーちゃんの尻尾がまた悲惨なことになってます。本人はあまり気にしていないようですけどね。アヒルみたいなお尻で かわいいです。↓愛のクリックを~人気blogランキングへ...

  • 2006年08月20日 6

    ぴーは比較的素直にかごに入ってくれるけど、きゅうちゃんには時々てこずる。捕まえようとしても 手の届かないところまで飛んで行ったりして呼んでも当然よってこない。そういう時は ぴーをかごから出すフリをする。ぴーのかごの入り口が開く音を聞きつけて、きゅうはどこにいても喜びの声を上げながらすっ飛んでくる。ぴーのかごにしがみつくので そこをすかさず捕まえる。反対にぴーが入らない場合は きゅうが出動。きゅうを...

  • 2006年08月19日 0

    眠そうなきゅうちゃんに マウスに映る自分の姿が気になって覗き込むぴーちゃん。お互いに干渉しあわなければ 平和なんだけどね。昨日 近くのホームセンターに行ってきました。ペットコーナーには文鳥の雛がたくさんいた。羽が生え揃ってかわいい桜文鳥とシナモン文鳥たちが7羽ほど。ケースの側によるとぴーぴー鳴きながら中で大騒ぎ。つぶらな瞳がたまらなくかわいい。隣のケースには まだ羽がひらいていなくてとげとげ状態の...

  • 2006年08月18日 6

    ぴーのかごの中でのお気に入りの場所:ブランコとかごの隅。餌箱の下もなぜか好き。そんな所に潜り込まなくても きゅうから見えないのにと思う時でも餌箱の下に座っていたりする。座ったまま居眠りしている時もあって それもまたかわいいずっと使っていた日傘 水色だったんだけど色あせて白っぽくなりシミもついて汚くなってきたので 買い換えた。晴雨兼用で水色 ふちには白いかわいい飾りがぐるりと付いているとってもラブリ...

  • 2006年08月18日 10

    ぴーちゃん なんかぶらんこにまきついている蛇のよう。よく こんな格好をしています。きゅうちゃん あくびでもなさそうだし なんなんでしょ。この 変な顔は…↓愛のクリックを~人気blogランキングへ...

  • 2006年08月15日 4

    2羽同じように上を見ています。でも きゅうはしっかり確認しているようだけどぴーはまたしてもぼ~っとしてます。眠いのかな。長年のメル友、あぶりんさんの文鳥ブログとリンクしました。桜文鳥の親子 じゅうさんとがんこちゃんがかわいいです。http://aburinrin.blog53.fc2.com/ にぎやか文鳥's ですよん。↓愛のクリックを~人気blogランキングへ...

  • 2006年08月14日 6

    敷き紙の隙間を点検するおふたりさん。きゅうはすぐに隙間の下に潜り込もうとするので困り者です。前よりもぐるのが上手になって、紙の下にもぐっていても全然わかりません。かごをみてもいないので 外に出していたっけと思うこともたびたびです。↓愛のクリックを~人気blogランキングへ...

  • 2006年08月13日 8

    今日のお昼過ぎ 暑かったのですが節約 節約と思い扇風機で我慢をしてました。ふと ぴーのかごを見ると餌箱の近くの床に立っているぴーが暑そうに口をあけ じと~っとこっちを見てました。暑いよぉ~ なんとかしてよとでも言うように…。はいはい わかりましたよ。でも あなたは蒸し暑い東南アジア原産の子じゃないの?もう 冷暖房完備に慣れちゃって過保護になってしまったのかな。...

  • 2006年08月13日 0

    ぴーの爪きりに必死になっている間に きゅうの爪もかなり伸びてきていました。ぴーの爪は 新型爪切りを投入したこともあって無事に完了。さて きゅうのはどうしようかな。昨日 実家まわりに行ってきたおかげで冷蔵庫の側にはもらってきた桃がいっぱい♪こっちでは1個250円位するのが むこうじゃ80円くらいからあったりする…。数日間は桃の食べ放題ができそうでうれしいな。でも うちの鳥達は桃の汁にも見向きもしない。いたず...

  • 2006年08月11日 7

    きゅうに一途に愛されちゃってるぴーちゃん。本人は迷惑この上ないようですが、傍から見ているときゅうがかわいそうで…。2羽の写真を見るとたいがいの人がきゅうの方がきれいとかかわいいとかいいます。ぴーの方がかわいいと言ってくれる人は、たいがいぴーとよく似た模様の文鳥を飼っている(飼っていた)人。ダンナに「なんできゅうはこんなにぴーが好きなんやろ?」と聞いたら「ぴーしかいないからちゃう?他にいないから美人か...

  • 2006年08月09日 13

    ku|無料動画、動画配信、フラッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへぴーを見ると すぐに求愛ダンスをするきゅうちゃん。その後は いつもの展開に…...

  • 2006年08月08日 4

    新作の文鳥フィギュアの写真です…なんて書いたら誰かだまされてくれるかしらん。きゅうちゃん人形のようです。こっちは いつものごとくぴーを見つめるきゅうちゃん。でかっ↓愛のクリックを~人気blogランキングへ...

  • 2006年08月08日 2

    文鳥様の爪切り用に新しい爪切りを買った。本当はニッパーのようなものがよかったのだけど鳥の爪を切る時 私はいつも左手で切るので(右手でしか鳥をつかめない…)ニッパーだと切りにくいかなと思ってやめた。買ったのは左右両方に歯がついている物。人の足の爪用で医師もお勧めなんて書いていたけど、実際に使ってみると違うところまで切ってしまいそうで怖い。結局いつも使っているものを使った。こんなに苦労して 切れたのは...

  • 2006年08月06日 4

    毎日本当に暑いです。でも 鳥達は毎日元気にすごしています。前に きゅうちゃんがいつもぴーの餌を外から食べにくると書きましたが、ぴーもぴーで食いしん坊なんですよ。ヨーグルトを開けていると すぐに手に乗って覗きに来るし冷蔵庫を開けていると飛んできます。ただ ヨーグルトをやろうとしても食べないので 好奇心が旺盛なだけかもしれません。写真のきゅうちゃん 眠そうです。夜 暑くて実は寝不足だったりして。↓愛の...

  • 2006年08月06日 4

    かごの上から覗きこんでいると こんな顔で見つめられました。昨日は出かけようとしている時 かごの中からじっと見つめられ あ~ このまま家で遊んであげたいと思いました。今日は久々に家にいたので 長い時間遊べました。よかった。ぴーもきゅうもパソコン周りをうろうろし特にぴーは「びゃっ びゃっ」と鳴いてうれしそうでした。夜は「ミッション・イン・ポッシブル」を見てきました。トム・クルーズかっこよかったし おも...

  • 2006年08月04日 2

    最近 残業で帰りが遅く外で遊ぶのをひたすら待っている鳥達には申し訳ない限りです。10時過ぎに帰ってきても 一応10分程は遊んでやるのだけど鳥達のためにはあまりよくないんのでしょうね。たっぷりお昼寝してね。写真は夜更かしの割には つやぴかのきゅうちゃんです。ダンナが神戸花鳥園に年間パスポートを発行してくださいとメールしたら 今のところ予定なしとの返事がありました。以前検討したことがあったのだけど いろい...

  • 2006年08月02日 9

    ぴーちゃん一直線のきゅうちゃん。この網さえなければ ぴーのそばにいけるのにって思っているんでしょうね。ぴーは反対にそんなきゅうが嫌なようで(なんてもったいない)金網にへばりついているきゅうを威嚇しに行っていました。でもその様子がおかしいのです。きゅうの側に行くまでの間、何度も上から見ている私の方をちらちらと見るのです。まるで今からきゅうと戦うから ちゃんとボクの活躍を見ておいてよとでも言うようなの...