その後

R0026217.jpg
きゅうちゃん亡き後の生活は、寂しいながらも落ち着いてきました。
きゅうのからっぽの籠を見るのは辛いので、ぴーに移ってもらい
ぴーの籠は古くなっていたので処分しました。
きゅうが大好きだった壺巣は、できたらきゅうをその中にいれて
埋葬してあげたかったのですが、テラコッタの大きさからそういう訳にも
いかなかったので処分。きゅうちゃん ごめんねとつぶやきながら…。
ぴーは相変わらずよく鳴きます。きゅうがいた時からそうだったので、
こんなものかなとも思いますが、寂しくなって鳴いているのかな…。
もともと食の細い子だけど、籠の中にいる時は沢山食べているような
感じでもないので、気をつけなければ。
糞はしているし、元気なので大丈夫とは思うけれど…。

R0026280.jpg
暑いので今はプチプチはしていないけど、またその季節になったら
きゅうがこうやって潜っていたのを思い出すんでしょうね。
今もぴーの籠の上やテーブルの下に、きゅうが座っているような気がします。
霊感のない私に見えないだけで、本当に座っていたりして…。
きゅうはインターネット霊園の「ヘブンズペット」にも埋葬しました。
お時間がある時にでもお参りしてやってくださいね。
拍手する

愛のクリックぉ~

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

にほんブログ村 鳥ブログ フィンチ類へ

↓応援ぷちっと一押し よろしくお願いします
人気blogランキングへ


2014-06-04(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

tunn→cjibiさんへ 

ありがとうございます。
今ごろは仲間と一緒に天国でゆっくり
しているでしょうね。
2014-06-08 00:06 | tunn→cjibiさんへ | URL   [ 編集 ]

きゅうちゃん、安らかに・・・ 

自宅のパソコンが使えなくて、今日、やっとブログを見ました~☆
本当に綺麗な文鳥だったね。
すごく泣いちゃったけど、きっと、今ごろ、大好きなきゅうちゃん、ぴーちゃんや私の飼ってたさくらちゃんと一緒に天国のお花畑で飛び回ってるだろうね。

ずっとずっと忘れないよ・・・
きゅうちゃん、ありがとう。。。

2014-06-07 14:45 | cjibi | URL   [ 編集 ]

tunn→スミレさんへ 

ありがとうございます。

実は今のぴーちゃんは、先代ぴーちゃんが亡くなった
時にきゅうちゃんがあまりにも寂しがるものだから
お迎えした子なんですよ。
今のぴーちゃんは1人でいるのと仲間がいるのと
どちらがいいのか悩みます…。
2014-06-06 20:58 | tunn→スミレさんへ | URL   [ 編集 ]

No title 

こんばんわ。タップしたら、きゅうちゃんがでました。ぴーちゃんもさみしいですね。もとから、食が細い子だとしんぱいですね。ぴーちゃんの為に新しい子を迎えられたらどうでしょう?落ち着いたら。ぴーちゃんも元気になるかもしれません。本で文鳥さんも相方がなくなると気落ちしてしまうとかいてあり、新しい子を迎えたらいいとかいてありました。まだまだ、そのような気分にはなれないでしょうけども。ぴーちゃんも、元気になりますように。。。
2014-06-04 21:34 | スミレ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

tunn1

Author:tunn1
ぴー(白っぽい桜文鳥)
2003年4月生まれのオス
2013年4月22日天国へ

きゅう(くっきりカラーの桜文鳥)
2004年1月生まれのオス
2014年5月25日天国へ
年をとっても年齢不詳のつやぴか頭が自慢でした。

ぴー(二代目)
2013年5月11日お迎え 桜文鳥
メス

ごま 白文鳥
2014年5月6日生まれ 6月8日お迎え
性別不明




飼い主(tunn)
19**年4月生まれ
神戸市在住
生まれ育ちは大阪よん。



「文鳥のぴー&きゅうの神戸生活」旧館はこちらです。
http://yaplog.jp/chibichan/

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
グリムス
ブログ内検索